主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

温故知新

青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」
庵主 今村 修
青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会
会長 相馬信吉

30数年に亘る青森空襲を記録する会の活動の中で集まった、戦前の絵はがきを活用して2013年1月に「絵葉書でたどる青森市の百年 青森今昔物語」を発行したところ、市民から大きな反響を頂きました。
とくに、1625年(寛永2年)に森山弥七郎が青森を開港して以来、4百年の歴史を積み重ね、明治に入り交通の要衝として急速に発展し、先人たちが東北一の街を目指した青森をつくりあげた歴史を知って頂きたいと思い、集まった空襲以外の青森市の写真、絵葉書、地図、文書、生活用品などの資料展示を計画していたところ、手ごろな場所が見つかり、市民から無償で展示用ガラスケースの提供や費用の提供まで頂き、2013年8月に今後の青森の街づくりに役立つことを願って、「青森まちかど歴史の庵 奏海」の開設をしました。

最初は、明治大火で焼失した青森の建物を「青森実地明細絵図」(明治25年発行)から複写して展示したところ多くの情報が寄せられ、「青森実地明細絵図」の実物が近所で見つかりびっくりしました。
これをきっかけに、写真や絵葉書、切手などいろいろな蒐集活動を行っている人たちが集まり、2014年1月に青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会を立ち上げました。
活動の中心は、これまで「青森古写真研究所」を設置して活動していた相馬信吉氏で、戦後の青森市を撮り続けてきた藤巻健二さんの写真を整理しており、ホームページを開設し、幅広い活動を行っており、毎月一回の定例会を仕切って頂いています。

そして、多くの人達と出会い、資料や蔵書などの寄贈を頂き、「奏海」は活動を続けていますが、課題は「維持管理」と「資料蒐集と調査」のための費用確保です。

青森市が歴史資料館・博物館を設置した場合、全てを寄贈したいと考えていますが、柔軟な発想で活動を続けることができるか心配です。

しかし、「奏海」は活動を続けます。元気で活力のある青森市をつくるため、「故きを温ねて新しきを知る」の諺を忘れず、地道に活動を続けます。


お知らせ

「故・中村哲医師の志がアフガンで続く写真展」開催のお知らせ

故・中村哲医師の志がアフガンで続く写真展開催のごあいさつ 2年前の2019年12月4日、中村哲医師が突然に銃撃され亡くなったことは、あまりにも衝撃が大きく言葉も出ませんでした。 しかし、中村哲医師の志は、現地アフガニスタ …

「浅虫温泉物語写真展」開催のお知らせ

はじめに かつて浅虫温泉は、「東北の熱海」とか「青森の奥座敷」と言われたが、時代の流れの中で、現在は温泉場としての活気のある姿を見ることはできない。 かつての賑わいを取り戻すために、さまざまな努力が行われてきましたが、浅 …

「洞爺丸遭難事故写真展」開催のお知らせ

1954年(昭和29年)9月26日に洞爺丸海難事故が起きました。67年目のその日がもうすぐです。奏海の会では、下記により展示会を開催します。10月30日まで、入場無料で開催していますので、興味のある方は是非、会場へお越し …

シンポジウム「青森ねぶたと市民」開催のお知らせ

2021年10月24日(日)午後、青森県立図書館を会場に、シンポジウム「青森ねぶたと市民」を開催します。コロナウイルス感染で2年連続中止となった青森ねぶた祭りの新たな形を市民皆で考えようというのが趣旨です。地元大学生2名 …

オンライン 「青森空襲の跡をたどる集い」参加者募集

従来は、バス見学で実施していました「青森空襲の跡をたどる集い」は、昨年はコロナウイルス感染が危惧されていたので、やむをえず中止しました。今年もコロナ感染が収束しないため、オンラインで実施してみることとしました。何せ、65 …

ブログ

世良啓「弘前多譚」刊行される

 奏海の会会員には、当会の他にも色々幅広く活動している人が沢山います。その中の一人、藤崎町在住の世良会員が昨年末、上記ポスターにある「弘前多譚」を北方新社より出版しましたので、ご紹介します。タウン誌「月刊弘前」に2011 …

あおもり今・昔3ー青森まちかど歴史の庵「奏海」の会紹介

 年頭に当たり、皆様に青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の会を紹介したいと思います。そもそも奏海展示室ができたのは、平成25(2013)年8月のことでした。当時県都である青森市には、市立の歴史博物館がありませんでした …

2021年黒石散策ツアー資料3

2021年11月27日(土)、奏海の会が発足して初めての、市外散策ツアーを黒石市で実施しました。奏海の会会員9名が参加し、黒石市在住の鈴木・三浦両会員の案内で、雪の降る中をじっくり黒石を探索しました。 以下に、当日配布さ …

2021年黒石散策ツアー資料2

2021年11月27日(土)、奏海の会が発足して初めての、市外散策ツアーを黒石市で実施しました。奏海の会会員9名が参加し、黒石市在住の鈴木・三浦両会員の案内で、雪の降る中をじっくり黒石を探索しました。 以下に、当日配布さ …

「浅虫温泉駅今昔」樋口晃(鉄道研究家)

樋口晃さんのお父様が生前撮られていた写真を使って、浅虫温泉駅の歴史を解説する。 収録日:2021年12月11日(土)

アクセス数

  • 159408総訪問者数:
  • 68今日の訪問者数:
  • 2850月別訪問者数:

リンク集

青森空襲を記録する会
青森古写真研究所
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.