主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

温故知新

青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」
庵主 今村 修
青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会
会長 相馬信吉

30数年に亘る青森空襲を記録する会の活動の中で集まった、戦前の絵はがきを活用して2013年1月に「絵葉書でたどる青森市の百年 青森今昔物語」を発行したところ、市民から大きな反響を頂きました。
とくに、1625年(寛永2年)に森山弥七郎が青森を開港して以来、4百年の歴史を積み重ね、明治に入り交通の要衝として急速に発展し、先人たちが東北一の街を目指した青森をつくりあげた歴史を知って頂きたいと思い、集まった空襲以外の青森市の写真、絵葉書、地図、文書、生活用品などの資料展示を計画していたところ、手ごろな場所が見つかり、市民から無償で展示用ガラスケースの提供や費用の提供まで頂き、2013年8月に今後の青森の街づくりに役立つことを願って、「青森まちかど歴史の庵 奏海」の開設をしました。

最初は、明治大火で焼失した青森の建物を「青森実地明細絵図」(明治25年発行)から複写して展示したところ多くの情報が寄せられ、「青森実地明細絵図」の実物が近所で見つかりびっくりしました。
これをきっかけに、写真や絵葉書、切手などいろいろな蒐集活動を行っている人たちが集まり、2014年1月に青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会を立ち上げました。
活動の中心は、これまで「青森古写真研究所」を設置して活動していた相馬信吉氏で、戦後の青森市を撮り続けてきた藤巻健二さんの写真を整理しており、ホームページを開設し、幅広い活動を行っており、毎月一回の定例会を仕切って頂いています。

そして、多くの人達と出会い、資料や蔵書などの寄贈を頂き、「奏海」は活動を続けていますが、課題は「維持管理」と「資料蒐集と調査」のための費用確保です。

青森市が歴史資料館・博物館を設置した場合、全てを寄贈したいと考えていますが、柔軟な発想で活動を続けることができるか心配です。

しかし、「奏海」は活動を続けます。元気で活力のある青森市をつくるため、「故きを温ねて新しきを知る」の諺を忘れず、地道に活動を続けます。


お知らせ

写真展「懐かしの昭和ねぶた」 須藤勝彦遺作展開催のお知らせ

青森まちかど歴史の庵「奏海」の7〜8月の企画展が決定しましたので、お知らせします。 写真展「懐かしの昭和ねぶた」須藤勝彦遺作展と題しまして、平成30年7月3日(火)~8月26日(日)に開催します。須藤勝彦氏が戦後間もなく …

「柿崎貞蔵写真展」開催のお知らせ

青森まちかど歴史の庵「奏海」の5月〜6月の企画展は、「柿崎貞蔵写真展」を開催しています。青森空襲を乗り越え、今まで残った戦前の貴重な写真を中心に、青森空襲時の白黒写真を自動カラー化したものなど70余点でご紹介します。

朗読(折に触れて、拙い朗読をしています)

●「鄙ぶりの唄」茨木のり子(1分56秒) ●「I was born」吉野弘(4分29秒) ●「雪の日に」吉野弘(1分24秒) ●「ほぐす」 吉野弘(1分56秒)  小包みの紐の結び目をほぐしながら おもってみる ― 結ぶ …

「藤巻健二写真集」の訂正について

平成30年3月1日付けで発刊しました「藤巻健二写真集」の中で、下記に誤りが見つかりました。訂正して、お詫び申し上げます。 また、関係者の皆様方には、大変ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。(編集責任者:相馬信吉) …

「ねぶた師を目指して」 林広海

残っている古写真を見ると、物心つかない時から、私は父と一緒に跳人としてねぶた祭りに参加していたようである。記憶にあるのは小学生低学年の頃だと思うが、ねぶた祭りの熱狂が今でも忘れられない。耳をつんざく太鼓の音、暗闇の中に映 …

ブログ

【タイムトラベルあおもり】17.航空写真で見る青森市桜川団地の変貌

1 敗戦後から団地造成直前まで 桜川団地ができる以前この地はどうだったのか、少し歴史を紐解いてみましょう。 まず、日本が太平洋戦争に負けた後の昭和23(1948)年に撮影された写真1を見てみると、桜川地区は一面の田園地帯 …

寺山修司と無名な私(2) ナカムラ ケイイチ

◆青函連絡船廃業 先祖の墓探しで函館へ飛んだ1998年は青函連絡船が廃業となった年で、青森商業高校同窓生たちが函館での同窓会を計画していた。私はそれに便乗した形で墓探しを兼ね参加した。お陰で3月13日の最終の記念となる連 …

寺山修司と無名な私(1) ナカムラ ケイイチ

◆幼稚園そして国民学校 寺山が逝ったのは34年も前の1983年、私の母と同じ年だった。ここに寺山との関わりを書くに至ったのは、6月に行われた『北の街社55周年祝賀会』の際、斎藤社長との会話の中で寺山とご縁があった話をした …

【タイムトラベルあおもり】16.あら不思議!白黒写真が「カラー写真」に変身 

私の手元には、色々な方々からご提供いただいた、青森県関係の古写真のデジタルデータが5万枚ほどあります。その殆どは、カラーフィルムがない時代の白黒写真です。 それらをじっと眺めていると、白黒写真として定着されたこの光景は、 …

【タイムトラベルあおもり】15.昭和31(1956)年12月25日 師走の街

写真家藤巻健二さんによって撮影されたフイルム群の中に、昭和31(1956)年12月25日と撮影日(当日の天気を青森地方気象台に照会し、写真と齟齬がないことを確認済)が記された一連の写真があります。およそ60年前の師走、青 …

アクセス数

  • 28765総訪問者数:
  • 75今日の訪問者数:
  • 1883月別訪問者数:

リンク集

青森空襲を記録する会
青森古写真研究所
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.