主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

温故知新

青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」
庵主 今村 修
青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会
会長 相馬信吉

30数年に亘る青森空襲を記録する会の活動の中で集まった、戦前の絵はがきを活用して2013年1月に「絵葉書でたどる青森市の百年 青森今昔物語」を発行したところ、市民から大きな反響を頂きました。
とくに、1625年(寛永2年)に森山弥七郎が青森を開港して以来、4百年の歴史を積み重ね、明治に入り交通の要衝として急速に発展し、先人たちが東北一の街を目指した青森をつくりあげた歴史を知って頂きたいと思い、集まった空襲以外の青森市の写真、絵葉書、地図、文書、生活用品などの資料展示を計画していたところ、手ごろな場所が見つかり、市民から無償で展示用ガラスケースの提供や費用の提供まで頂き、2013年8月に今後の青森の街づくりに役立つことを願って、「青森まちかど歴史の庵 奏海」の開設をしました。

最初は、明治大火で焼失した青森の建物を「青森実地明細絵図」(明治25年発行)から複写して展示したところ多くの情報が寄せられ、「青森実地明細絵図」の実物が近所で見つかりびっくりしました。
これをきっかけに、写真や絵葉書、切手などいろいろな蒐集活動を行っている人たちが集まり、2014年1月に青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会を立ち上げました。
活動の中心は、これまで「青森古写真研究所」を設置して活動していた相馬信吉氏で、戦後の青森市を撮り続けてきた藤巻健二さんの写真を整理しており、ホームページを開設し、幅広い活動を行っており、毎月一回の定例会を仕切って頂いています。

そして、多くの人達と出会い、資料や蔵書などの寄贈を頂き、「奏海」は活動を続けていますが、課題は「維持管理」と「資料蒐集と調査」のための費用確保です。

青森市が歴史資料館・博物館を設置した場合、全てを寄贈したいと考えていますが、柔軟な発想で活動を続けることができるか心配です。

しかし、「奏海」は活動を続けます。元気で活力のある青森市をつくるため、「故きを温ねて新しきを知る」の諺を忘れず、地道に活動を続けます。


お知らせ

公開講座「記憶の解凍」開催のお知らせ

1.講 演  記憶の解凍 2.日 時  9月29日(日)午前10時~午前11時30分 3.会 場   青森県立図書館4階集会室(青森市荒川藤戸119-7) 4.対 象  一般市民 5.  定 員  約80名(受講無料・申 …

「奏海講座」開催のお知らせ

戦前青森を映した白黒動画を自動カラー化した動画の試写会ニュース放映後、問い合わせがありましたので、9月1日(日)、急遽、青森県立図書館4階研修室で「奏海講座」を開催することとしました。 ◆講演会「道路・電線・電波塔─青森 …

映写会「自動カラー化動画」青森県内初!

青森まちかど歴史の庵「奏海」の会では、昭和9〜昭和20年に制作された白黒動画を、pearbook_jpさんのご協力を得て自動カラー化していただきました。7月23日(火)に奏海展示室2階において、約5本1時間の映写会を開催 …

写真展「懐かしの昭和ねぶたⅡ」開催のお知らせ

今年もまた、青森県内各地でねぶた祭が行われる季節となりました。昨年、青森市在住の須藤勝彦さんが昭和20~30年代に撮影した青森ねぶたのカラー写真が数多く発見され、その資料を中心にこの展示室でささやかな写真展を開催しました …

ホームページ総閲覧数11万回を突破!

2016年6月に、青森まちかど歴史の庵「奏海」の会ホームページを立ち上げました。最初の月は殆ど知られていなかったこともあって、閲覧数はわずかに33回でした。 ツイッターと連動しながら広報につとめていきましたが、順調な右肩 …

ブログ

青森市三内丸山遺跡における初の学術調査記録写真群

 筆者は、平成24年春、ひょんなことから「青森古写真探偵団」の代表に担ぎ上げられた。そこで、夏の暑い盛り、以前から情報をもらっていた青森市古川にある古書店林語堂―木村宏さんの書庫探索に出かけた。若い団員の協力をもらって、 …

野木和公園の魅力を再認識

 ここ数年で青森市の油川町では、歴史的遺構といわれる建物がなくなっています。先人が築いた建物が時代の流れと共に失われているのです。残された油川のシンボルは何だろうと考えてみました。幼い頃から野木和公園は当たり前のように存 …

動画の自動カラー化

 数年前から人工知能を使って、白黒の古写真を自動カラー化する技術が公開され、奏海の会でも活用させてもらっています。  最近はそれに加えて、動画も自動カラー化ができるようになっています。私自身は全くその技術は持ち合わせてな …

「薄れゆく映画黄金期の残像」畠山光吉

 今年は古希を迎える私が、小学生の頃自分の町内である栄町の、半径約1kmがテリトリーだった。映画大好き少年の私は、放課後になると小遣いを握りしめ、東奔西走して映画三昧に明け暮れた。その辺りからの約10年間を、思いつくまま …

「青森東高校三回生 3年1組の思い出」05.購買部

 中学時代と違い、学校内にお店屋さんがあるのにも驚いた。そこには学用品だけでなく、小物や雑貨や食べ物までもが並んでいるのである。  小・中学生時代は、学校内で給食以外の物を食べたら、女子が直ぐ先生に口げ口をして、職員室で …

購買部

アクセス数

  • 73014総訪問者数:
  • 25今日の訪問者数:
  • 1537月別訪問者数:

リンク集

青森空襲を記録する会
青森古写真研究所
2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.