主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

温故知新

青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」
庵主 今村 修
青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会
会長 相馬信吉

30数年に亘る青森空襲を記録する会の活動の中で集まった、戦前の絵はがきを活用して2013年1月に「絵葉書でたどる青森市の百年 青森今昔物語」を発行したところ、市民から大きな反響を頂きました。
とくに、1625年(寛永2年)に森山弥七郎が青森を開港して以来、4百年の歴史を積み重ね、明治に入り交通の要衝として急速に発展し、先人たちが東北一の街を目指した青森をつくりあげた歴史を知って頂きたいと思い、集まった空襲以外の青森市の写真、絵葉書、地図、文書、生活用品などの資料展示を計画していたところ、手ごろな場所が見つかり、市民から無償で展示用ガラスケースの提供や費用の提供まで頂き、2013年8月に今後の青森の街づくりに役立つことを願って、「青森まちかど歴史の庵 奏海」の開設をしました。

最初は、明治大火で焼失した青森の建物を「青森実地明細絵図」(明治25年発行)から複写して展示したところ多くの情報が寄せられ、「青森実地明細絵図」の実物が近所で見つかりびっくりしました。
これをきっかけに、写真や絵葉書、切手などいろいろな蒐集活動を行っている人たちが集まり、2014年1月に青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会を立ち上げました。
活動の中心は、これまで「青森古写真研究所」を設置して活動していた相馬信吉氏で、戦後の青森市を撮り続けてきた藤巻健二さんの写真を整理しており、ホームページを開設し、幅広い活動を行っており、毎月一回の定例会を仕切って頂いています。

そして、多くの人達と出会い、資料や蔵書などの寄贈を頂き、「奏海」は活動を続けていますが、課題は「維持管理」と「資料蒐集と調査」のための費用確保です。

青森市が歴史資料館・博物館を設置した場合、全てを寄贈したいと考えていますが、柔軟な発想で活動を続けることができるか心配です。

しかし、「奏海」は活動を続けます。元気で活力のある青森市をつくるため、「故きを温ねて新しきを知る」の諺を忘れず、地道に活動を続けます。


お知らせ

「2016年活動報告」を追加しました

平成29年2月4日、奏海の会総会が開催されたのに伴い、奏海の会活動報告の項に2016年活動報告を追加しましたので、御覧ください。 また、多くの方々から賛助金をいただき、活動資金等に活用させていただきました。感謝申し上げる …

新青森市長へ空襲・戦災資料館等の設置についての要請

                       2017年2月3日 青森市長 小野寺 晃彦 殿 青森空襲を記録する会 会長 今村 修 青森市戦災者遺族会 会長 大坂 昭   空襲・戦災資料館等の設置についての要請 …

「青森ねぶた写真展」会期延長のお知らせ

青森まちかど歴史の庵「奏海」の会では青森県立図書館と共同で、「青森ねぶた写真展」を平成28年12月22日(木)〜平成29年1月25日(水)まで開催中でしたが、愛好家の方々などから延長を望む要望が多数寄せられたことから、2 …

青森まちかど歴史の庵「奏海」の会のマスコットが完成

青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の会は、青森に関する古写真などを収集・調査・研究しています。この度、会のマスコットキャラクターを作っていただいきました。制作者の泉亜希子さんには、記して感謝申し上げます。多くの方々に …

「津軽地方の用水路ー地理学及び考古学的視点からの考察ー」齋藤 岳

青森県津軽地方には古来から、「多条灌漑用水路」というここにしか存在しない、特殊な用水路があります。これをまとめた注目すべき論考が発表されましたので、執筆者と雑誌版元の青森県考古学会の承諾を得て、ここに掲載します。多くの方 …

ブログ

【あおもりなつかし写真帖】第15回 「青森高のクロマツ」

青森市桜川に広大なキャンパスを誇る青森高校。校門を入ると右側に2本のクロマツが存在感を見せています。向って左側が「三中の松」(写真上)と親しまれ115年前の創立時から青高生を見守っています。 もちろん初めからここにあった …

【伝えたい記憶】第23回 戦争「疎開先から見た青森空襲(Kさんの話)」

東岳村(現在の宮田・馬屋尻・矢田・滝沢地区)に疎開をしており、そこから青森空襲の惨状を見てしまいました。私は6歳だったけど、夢でも見ているのかと思って、自分の頬っぺたをつねってみたから、現実だったんだよね。 その日は蒸し …

【伝えたい記憶】第22回 戦争「幸畑村まで逃げてきた人たち(工藤ツヤさんの話)」

青森空襲は思い出したくなくても思い出される事だよ。私は10歳だったけど、青森が焼けるのをはじめっから見てしまったよ。きれいな線香花火が空いっぱいに広がってさ、それがゆっくりと落ちて行った所から火の手が上がったのさ。 まず …

【伝えたい記憶】第21回 戦争「野内村當古寺も攻撃される(秋庭正美さんの話)」

太平洋戦争当時、野内村には今でもありますが、石油の貯蔵タンクか何基も建っておりましたので、敵の攻撃目標とされて、村では唯一被害を受けた場所じゃないのかな。 空襲警報が発令されると、当時8歳だった母の弟は両親と姉たちと一緒 …

【伝えたい記憶】第20回 戦争「古川跨線橋から浪打小学校が見えた(棟方精子さんの話)」

私は女学生で、大湊に勤労奉仕隊でも行ったことがあるから、その当時の事はよく覚えていますよ。 あの青森空襲の日は、空襲警報が鳴ってB-29が焼夷弾を落としてから、青森から平舘まで35キロ、家族皆で夜通し歩いて逃げましたよ。 …

アクセス数

  • 6375総訪問者数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 1135月別訪問者数:

奏海の会Twitter

リンク集

青森空襲を記録する会
青森古写真研究所
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.