主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

温故知新

青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」
庵主 今村 修
青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会
会長 相馬信吉

30数年に亘る青森空襲を記録する会の活動の中で集まった、戦前の絵はがきを活用して2013年1月に「絵葉書でたどる青森市の百年 青森今昔物語」を発行したところ、市民から大きな反響を頂きました。
とくに、1625年(寛永2年)に森山弥七郎が青森を開港して以来、4百年の歴史を積み重ね、明治に入り交通の要衝として急速に発展し、先人たちが東北一の街を目指した青森をつくりあげた歴史を知って頂きたいと思い、集まった空襲以外の青森市の写真、絵葉書、地図、文書、生活用品などの資料展示を計画していたところ、手ごろな場所が見つかり、市民から無償で展示用ガラスケースの提供や費用の提供まで頂き、2013年8月に今後の青森の街づくりに役立つことを願って、「青森まちかど歴史の庵 奏海」の開設をしました。

最初は、明治大火で焼失した青森の建物を「青森実地明細絵図」(明治25年発行)から複写して展示したところ多くの情報が寄せられ、「青森実地明細絵図」の実物が近所で見つかりびっくりしました。
これをきっかけに、写真や絵葉書、切手などいろいろな蒐集活動を行っている人たちが集まり、2014年1月に青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会を立ち上げました。
活動の中心は、これまで「青森古写真研究所」を設置して活動していた相馬信吉氏で、戦後の青森市を撮り続けてきた藤巻健二さんの写真を整理しており、ホームページを開設し、幅広い活動を行っており、毎月一回の定例会を仕切って頂いています。

そして、多くの人達と出会い、資料や蔵書などの寄贈を頂き、「奏海」は活動を続けていますが、課題は「維持管理」と「資料蒐集と調査」のための費用確保です。

青森市が歴史資料館・博物館を設置した場合、全てを寄贈したいと考えていますが、柔軟な発想で活動を続けることができるか心配です。

しかし、「奏海」は活動を続けます。元気で活力のある青森市をつくるため、「故きを温ねて新しきを知る」の諺を忘れず、地道に活動を続けます。


お知らせ

スマホに「青森歴史チャンネル」創設しました

現代の若者たちは、パソコンは所持しなくても、ほとんどの方がスマートフォンを所持しています。そこで、奏海の会では若者向けに、スマホのアプリである「stand.fm」を使って、「青森歴史チャンネル」を創設し、青森市に住む若者 …

「東日本大震災写真展」開催のお知らせ

開催にあたって 九年前の二〇一一年(平成二三年)三月十一日十四時四六分、三陸沖でマグニチュード(M)九.0の東北地方太平洋沖地震が発生し、宮城県栗原市で震度七,宮城県、福島県、茨城県、栃木県の四県三十七市町村で震度六強を …

「雪中行軍ー弘前隊の光と影」開催のお知らせ

開催のあいさつ 写真家藤巻健二氏が乞われて、映画「八甲田山」のスツール写真を担当し、手元に多くの写真が残されていたことから、これまで何度か写真展「八甲田山」を開催してきましたが、小説「八甲田山死の彷徨」を映画化した「八甲 …

ACAC講演「明治期以後の街並・建物・風景写真から見る青森」

日時:2020年12月20日(日)14:30-16:00 場所:ACAC(国際芸術センター青森)ラウンジ 講演形態:ラウンジでの生講演とZOOMを使ったオンライン配信(アーカイブ配信なし) 配信申し込み(12月18日締め …

一周忌・中村哲医師写真展・ビデオ上映

昨年の12月4日に、アフガニスタンで人道支援活動を続けてきた中村哲医師が凶弾に倒れてから一周忌。奏海の会展示室・会議室を会場に、写真展とビデオ上映会を開催します。コロナ禍ではありますが、感染防止を図りながらの実施です。入 …

ブログ

奏海市民講座1 「太宰治成績表発見!」

作家太宰治の旧制青森中学校時代の成績表が、この度母校の青森高校で発見された。マスコミは、発見された太宰治の成績表の中身にだけ言及する。 しかし昭和20(1945)年7月28日に前身の旧制青森中学校は校舎の殆どを焼失してい …

故佐藤仁先生執筆論考・著作一覧 1956~2018年

№ 執筆者(共同執筆) 論文名など 掲載誌・所収誌・シリーズ名 発行所 発行年月日(月までの記載に関しては基本的に1日) 分類・備考 1 佐藤仁 律令国家に於ける郷の分割について 弘前大学國史研究創刊号 弘前大学國史研究 …

朗読「戦時下のねぶたと父」宇都宮弘之

太平洋戦争中、唯一青森ねぶたの運行がされたのは、昭和19(1944)年夏でした。この時の官選知事が松山市出身の宇都宮孝平知事でした。 宇都宮さんは戦後、松山市長などを歴任され昭和63年に92歳で亡くなられています。長男弘 …

「寺山修司と青森の街」相馬信吉

「寺山修司と青森の街」をテーマに、2回に分けて話をします。 1回目は、  1期:青森マリア幼稚園時代(昭和16〜17年)   2期:青森市立橋本小学校時代(昭和17〜20年)          ※ 三沢市立古間木小学校・ …

昭和33年6月撮影黒石市沖揚平分校写真

弘大医学部の衛生学教授だった佐々木直亮先生は、生涯をかけて膨大な記録写真を残しています。今回紹介する黒石市大川原小学校沖揚平分校での昭和33(1958)年6月13日に撮影された一連の写真もその一部です。今から62年前に撮 …

アクセス数

  • 124311総訪問者数:
  • 47今日の訪問者数:
  • 2545月別訪問者数:

リンク集

青森空襲を記録する会
青森古写真研究所
2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.