主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

温故知新

青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」
庵主 今村 修
青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会
会長 相馬信吉

30数年に亘る青森空襲を記録する会の活動の中で集まった、戦前の絵はがきを活用して2013年1月に「絵葉書でたどる青森市の百年 青森今昔物語」を発行したところ、市民から大きな反響を頂きました。
とくに、1625年(寛永2年)に森山弥七郎が青森を開港して以来、4百年の歴史を積み重ね、明治に入り交通の要衝として急速に発展し、先人たちが東北一の街を目指した青森をつくりあげた歴史を知って頂きたいと思い、集まった空襲以外の青森市の写真、絵葉書、地図、文書、生活用品などの資料展示を計画していたところ、手ごろな場所が見つかり、市民から無償で展示用ガラスケースの提供や費用の提供まで頂き、2013年8月に今後の青森の街づくりに役立つことを願って、「青森まちかど歴史の庵 奏海」の開設をしました。

最初は、明治大火で焼失した青森の建物を「青森実地明細絵図」(明治25年発行)から複写して展示したところ多くの情報が寄せられ、「青森実地明細絵図」の実物が近所で見つかりびっくりしました。
これをきっかけに、写真や絵葉書、切手などいろいろな蒐集活動を行っている人たちが集まり、2014年1月に青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会を立ち上げました。
活動の中心は、これまで「青森古写真研究所」を設置して活動していた相馬信吉氏で、戦後の青森市を撮り続けてきた藤巻健二さんの写真を整理しており、ホームページを開設し、幅広い活動を行っており、毎月一回の定例会を仕切って頂いています。

そして、多くの人達と出会い、資料や蔵書などの寄贈を頂き、「奏海」は活動を続けていますが、課題は「維持管理」と「資料蒐集と調査」のための費用確保です。

青森市が歴史資料館・博物館を設置した場合、全てを寄贈したいと考えていますが、柔軟な発想で活動を続けることができるか心配です。

しかし、「奏海」は活動を続けます。元気で活力のある青森市をつくるため、「故きを温ねて新しきを知る」の諺を忘れず、地道に活動を続けます。


お知らせ

「なつかしのマッチ物語Ⅱ」開催のお知らせ

  青森まちかど歴史の庵「奏海」の会次回企画展は、2018年12月4日(火)〜2019年3月29日(金)までの予定で、「なつかしのマッチ物語Ⅱ」を開催します。3年前に第1回を開催しましたところ、青森市民の皆様方 …

ツイッターライブ中継試験

2018年11月3日、11月月例会において、ツイッターを利用して講演(「テクテク歩いて青森をもっと知る!」)のライブ中継(今回は音声のみ)の試験を行いました。iPhoneを使っての準備が殆どないままでのいきなり中継となり …

さくら野百貨店青森本店での「アンコール展」開催について

  企画展名:アンコール展 内容:これまで、青森まちかど歴史の庵「奏海」の会が、青森市本町の展示室で開催してきた企画展の中から、青森市民の皆様に好評だった企画をセレクトして展示するものです。 会期:2018年1 …

藤巻健二写真集解説会開催のお知らせ

藤巻健二写真集解説会を平成30年10月21日(日)14時〜15時、青森市新町にある「プラスえん」(和田ビル2階)で開催します。コーヒーも飲める会場ですので、スライドを見ながら藤巻・相馬の軽妙なトークを1時間余、ゆったりと …

奏海の会8月講演のお知らせ

青森まちかど歴史の庵「奏海」の会8月月例会は、「弥生水田発見物語」の講演を行います。入場無料ですので、奮ってご参加ください。 弥生水田発見物語 from aokomaki

ブログ

昭和34年版「青森市住宅詳細図」の公開

この度、青森市内在住の方から、昭和34年版「青森市住宅詳細図」の提供を受け、その公開についてご承諾を得ました。青森県立図書館にも所蔵されていない貴重な地図です。所蔵者の方に、深く感謝申し上げます。 昭和34年版「青森市詳 …

写真展「洞爺丸海難事故」

日本史上最悪の海難事故・タイタニック号に匹敵 写真展 「洞爺丸遭難事故」 死者1,155人 64年前の9月26日、台風で青函連絡船が (七重浜海岸で無事を祈る家族・涙・涙 )       ☆ …

【タイムトラベルあおもり】17.航空写真で見る青森市桜川団地の変貌

1 敗戦後から団地造成直前まで 桜川団地ができる以前この地はどうだったのか、少し歴史を紐解いてみましょう。 まず、日本が太平洋戦争に負けた後の昭和23(1948)年に撮影された写真1を見てみると、桜川地区は一面の田園地帯 …

寺山修司と無名な私(2) ナカムラ ケイイチ

◆青函連絡船廃業 先祖の墓探しで函館へ飛んだ1998年は青函連絡船が廃業となった年で、青森商業高校同窓生たちが函館での同窓会を計画していた。私はそれに便乗した形で墓探しを兼ね参加した。お陰で3月13日の最終の記念となる連 …

寺山修司と無名な私(1) ナカムラ ケイイチ

◆幼稚園そして国民学校 寺山が逝ったのは34年も前の1983年、私の母と同じ年だった。ここに寺山との関わりを書くに至ったのは、6月に行われた『北の街社55周年祝賀会』の際、斎藤社長との会話の中で寺山とご縁があった話をした …

アクセス数

  • 40592総訪問者数:
  • 38今日の訪問者数:
  • 891月別訪問者数:

リンク集

青森空襲を記録する会
青森古写真研究所
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.