主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

温故知新

青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」
庵主 今村 修
青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会
会長 相馬信吉

30数年に亘る青森空襲を記録する会の活動の中で集まった、戦前の絵はがきを活用して2013年1月に「絵葉書でたどる青森市の百年 青森今昔物語」を発行したところ、市民から大きな反響を頂きました。
とくに、1625年(寛永2年)に森山弥七郎が青森を開港して以来、4百年の歴史を積み重ね、明治に入り交通の要衝として急速に発展し、先人たちが東北一の街を目指した青森をつくりあげた歴史を知って頂きたいと思い、集まった空襲以外の青森市の写真、絵葉書、地図、文書、生活用品などの資料展示を計画していたところ、手ごろな場所が見つかり、市民から無償で展示用ガラスケースの提供や費用の提供まで頂き、2013年8月に今後の青森の街づくりに役立つことを願って、「青森まちかど歴史の庵 奏海」の開設をしました。

最初は、明治大火で焼失した青森の建物を「青森実地明細絵図」(明治25年発行)から複写して展示したところ多くの情報が寄せられ、「青森実地明細絵図」の実物が近所で見つかりびっくりしました。
これをきっかけに、写真や絵葉書、切手などいろいろな蒐集活動を行っている人たちが集まり、2014年1月に青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会を立ち上げました。
活動の中心は、これまで「青森古写真研究所」を設置して活動していた相馬信吉氏で、戦後の青森市を撮り続けてきた藤巻健二さんの写真を整理しており、ホームページを開設し、幅広い活動を行っており、毎月一回の定例会を仕切って頂いています。

そして、多くの人達と出会い、資料や蔵書などの寄贈を頂き、「奏海」は活動を続けていますが、課題は「維持管理」と「資料蒐集と調査」のための費用確保です。

青森市が歴史資料館・博物館を設置した場合、全てを寄贈したいと考えていますが、柔軟な発想で活動を続けることができるか心配です。

しかし、「奏海」は活動を続けます。元気で活力のある青森市をつくるため、「故きを温ねて新しきを知る」の諺を忘れず、地道に活動を続けます。


お知らせ

「洞爺丸遭難事故写真展」開催のお知らせ

1954年(昭和29年)9月26日に洞爺丸海難事故が起きました。67年目のその日がもうすぐです。奏海の会では、下記により展示会を開催します。10月30日まで、入場無料で開催していますので、興味のある方は是非、会場へお越し …

シンポジウム「青森ねぶたと市民」開催のお知らせ

2021年10月24日(日)午後、青森県立図書館を会場に、シンポジウム「青森ねぶたと市民」を開催します。コロナウイルス感染で2年連続中止となった青森ねぶた祭りの新たな形を市民皆で考えようというのが趣旨です。地元大学生2名 …

オンライン 「青森空襲の跡をたどる集い」参加者募集

従来は、バス見学で実施していました「青森空襲の跡をたどる集い」は、昨年はコロナウイルス感染が危惧されていたので、やむをえず中止しました。今年もコロナ感染が収束しないため、オンラインで実施してみることとしました。何せ、65 …

写真展「懐かしの昭和ねぶたⅢ」開催のお知らせ

奏海展示室は、コロナウイルス蔓延と共に、街中の人通りが途絶えると軌を一にして、来館者も激減となりました。この状況下では、どうにもならないことと考えています。一方青森ねぶたは昨年に続き、今年もコロナウイルス感染拡大が収束し …

「奏海の会」の歌が出来ました

かねてより構想のあった会の歌を、青森市在住の石田正さんに制作していただきました。記して、感謝申し上げます。石田さんは御年96歳、戦前は海軍音楽隊で音楽を学んだ方です。現在も音楽ソフトを使い、制作に勤しんでいます。 このほ …

ブログ

昭和58(1983)年青森市内空撮(藤巻健二さん)

昭和58(1983)年に、写真家藤巻健二さんが撮影したカラー空撮をスライドショーにしてみた。約40年前の青森市内の様子が鳥瞰図のように見渡せる。 特に、旧青森市内の学校が沢山登場する。青森東高校や明の星高校、大野小学校、 …

お薦めのこの1冊(3)ー坂川栄治著「遠別少年」

 映画「つつんで、ひらいて」は装幀家、菊地信義さんと造本に携わる人たちのドキュメンタリーなのだが、一冊の本を創り上げる奇蹟のような手業に魅せられ、強く心に残る作品だった。  本は多面体だと思う。読まれるべきものではあるが …

お薦めのこの1冊(2)ー「歩兵第五聯隊『遭難始末』1902年」

 皆様は1970年に公開された『八甲田山』という映画をご存知ですか?あの作品は新田次郎氏の『八甲田山死の彷徨』という小説が原作となっています。映画及び小説と史実に若干ズレがありますので、その違いを探すのもまた面白いですよ …

お薦めのこの1冊(1)ー「AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争」

 その本は発売前にもかかわらず、ある大手通信販売サイトに予約が殺到した。誰も本の中身を見ていないにもかかわらず、出版前の2020年6月29日に増刷が決まる。1ヶ月後の2020年7月30日、その本は予約者の前に初めて姿を見 …

奏海市民講座8「戦中・戦後の思い出3」会田秀明

昭和11(1936)年に旭川市に生まれた、会田秀明さんの「戦中・戦後の思い出」の第3回目です。 Zoomを使って収録しました。今回で完結です・ 話者:会田秀明さん(青森市在住・日本民藝協会会長) 収録:2021年9月30 …

アクセス数

  • 149311総訪問者数:
  • 65今日の訪問者数:
  • 2454月別訪問者数:

リンク集

青森空襲を記録する会
青森古写真研究所
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.