主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

温故知新

青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」
庵主 今村 修
青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会
会長 相馬信吉

30数年に亘る青森空襲を記録する会の活動の中で集まった、戦前の絵はがきを活用して2013年1月に「絵葉書でたどる青森市の百年 青森今昔物語」を発行したところ、市民から大きな反響を頂きました。
とくに、1625年(寛永2年)に森山弥七郎が青森を開港して以来、4百年の歴史を積み重ね、明治に入り交通の要衝として急速に発展し、先人たちが東北一の街を目指した青森をつくりあげた歴史を知って頂きたいと思い、集まった空襲以外の青森市の写真、絵葉書、地図、文書、生活用品などの資料展示を計画していたところ、手ごろな場所が見つかり、市民から無償で展示用ガラスケースの提供や費用の提供まで頂き、2013年8月に今後の青森の街づくりに役立つことを願って、「青森まちかど歴史の庵 奏海」の開設をしました。

最初は、明治大火で焼失した青森の建物を「青森実地明細絵図」(明治25年発行)から複写して展示したところ多くの情報が寄せられ、「青森実地明細絵図」の実物が近所で見つかりびっくりしました。
これをきっかけに、写真や絵葉書、切手などいろいろな蒐集活動を行っている人たちが集まり、2014年1月に青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会を立ち上げました。
活動の中心は、これまで「青森古写真研究所」を設置して活動していた相馬信吉氏で、戦後の青森市を撮り続けてきた藤巻健二さんの写真を整理しており、ホームページを開設し、幅広い活動を行っており、毎月一回の定例会を仕切って頂いています。

そして、多くの人達と出会い、資料や蔵書などの寄贈を頂き、「奏海」は活動を続けていますが、課題は「維持管理」と「資料蒐集と調査」のための費用確保です。

青森市が歴史資料館・博物館を設置した場合、全てを寄贈したいと考えていますが、柔軟な発想で活動を続けることができるか心配です。

しかし、「奏海」は活動を続けます。元気で活力のある青森市をつくるため、「故きを温ねて新しきを知る」の諺を忘れず、地道に活動を続けます。


お知らせ

「カラーで蘇る戦前・戦後の青森」開催のお知らせ

2022年10月からの奏海の会企画展は、「カラーで蘇る戦前・戦後の青森ー自動カラー化技術で白黒写真が大変身ー」を開催。12月23日までのロングランです。約40枚の作品を展示しています。入場無料ですので、是非おいで下さい。 …

青森市「被爆ピアノ平和コンサート」開催のお知らせ

2022年10月17日(月) 青森駅前アウガ5階 AV多機能ホール 入場無料 全席自由 開場16:00 第一部16:30〜18:00 公募者によるピアノ演奏 第二部18:15 ~ 19:45 被爆ピアノコンサート 【主催 …

虫丸ワークショップ+舞踏公演のご案内

◉日時 9月11日(日) ◉ワークショップ(講師 藤條虫丸・摩訶そわか) 午前の部 10:00~12:00 午後の部 14:00~16:00 ◉舞踏公演 18:00~19:30 舞踏 藤條虫丸(屋久島) 摩訶そわか(屋久 …

「オドラデク道路劇場 青森市松原編 」開催のお知らせ

オドラデク道路劇場は、日常に埋もれている街の傷痕や歴史の暗渠を再発見することを目指し、モノクロームの現場を舞踏というダンスの光をあてがい、観る人々のさまざまな思いで彩色することを試みてきました。このたびは、青森市の松原地 …

「棟方志功記念館閉館について考える青森市民の集い」開催のお知らせ

突然、「世界の棟方」の名を冠した棟方志功記念館の閉館が報道され、多くの青森市民は戸惑っているのではないでしょうか。そこで奏海の会では、志功館は青森市民にとって何かを今一度考えてみる集会を開くこととしました。開催日時等は、 …

ブログ

「青森セピア色の記憶」5ー十和田観光電鉄

 盛岡藩家老 新渡戸傳によって開拓された三本木台地には、明治18年(1885年)陸軍によって軍馬局出張所が設置され、これは同29年(1896年)軍馬補充部三本木支部に発展しました。  以降、三本木町は馬産の町として発展し …

「青森セピア色の記憶」4ー比羅夫丸

 明治41年(1908年)2月29日青森港に入港した青函連絡船比羅夫丸では、3月3日来賓80名を迎えて披露会が行われました。余興に一柳亭茶楽の落語、青森見番芸妓による「東北名物大黒舞」、青森芸妓申込方による寸劇「比羅夫丸 …

「青森セピア色の記憶」3ー昭和19年12月豪雪

人口30万都市としては世界一の豪雪都市らしい青森市(青森は本当に世界有数の豪雪都市なのか?)ですが、平成18年豪雪、昭和52年豪雪を記憶している市民は多いことと思います。 しかし、昭和20年(1945年)豪雪は生やさしい …

「青森セピア色の記憶」2ー青森桟橋運用開始

 明治6年(1873年)2月北海海開拓使は、外輪蒸気船「弘明丸」 で函館-大湊、函館-青森間の定期航路を開設しました。明治12年(1879年)6月この定期航路は、国内航路を独占していた三菱会社の経営となりましたが、明治1 …

「青森セピア色の記憶」1ー青森県庁開庁

 明治4年(1871年)7月14日明治政府は廃藩置県を断行し、旧藩を引き継いだ弘前県、黒石県、斗南県、七戸県、八戸県が成立、9月4日には松前の舘(たて)県をも合併、弘前県が誕生しました。  9月5日弘前県大参事となった野 …

アクセス数

  • 196469総訪問者数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 832月別訪問者数:

リンク集

青森空襲を記録する会
青森古写真研究所
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.