主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

温故知新

青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」
庵主 今村 修
青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会
会長 相馬信吉

30数年に亘る青森空襲を記録する会の活動の中で集まった、戦前の絵はがきを活用して2013年1月に「絵葉書でたどる青森市の百年 青森今昔物語」を発行したところ、市民から大きな反響を頂きました。
とくに、1625年(寛永2年)に森山弥七郎が青森を開港して以来、4百年の歴史を積み重ね、明治に入り交通の要衝として急速に発展し、先人たちが東北一の街を目指した青森をつくりあげた歴史を知って頂きたいと思い、集まった空襲以外の青森市の写真、絵葉書、地図、文書、生活用品などの資料展示を計画していたところ、手ごろな場所が見つかり、市民から無償で展示用ガラスケースの提供や費用の提供まで頂き、2013年8月に今後の青森の街づくりに役立つことを願って、「青森まちかど歴史の庵 奏海」の開設をしました。

最初は、明治大火で焼失した青森の建物を「青森実地明細絵図」(明治25年発行)から複写して展示したところ多くの情報が寄せられ、「青森実地明細絵図」の実物が近所で見つかりびっくりしました。
これをきっかけに、写真や絵葉書、切手などいろいろな蒐集活動を行っている人たちが集まり、2014年1月に青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会を立ち上げました。
活動の中心は、これまで「青森古写真研究所」を設置して活動していた相馬信吉氏で、戦後の青森市を撮り続けてきた藤巻健二さんの写真を整理しており、ホームページを開設し、幅広い活動を行っており、毎月一回の定例会を仕切って頂いています。

そして、多くの人達と出会い、資料や蔵書などの寄贈を頂き、「奏海」は活動を続けていますが、課題は「維持管理」と「資料蒐集と調査」のための費用確保です。

青森市が歴史資料館・博物館を設置した場合、全てを寄贈したいと考えていますが、柔軟な発想で活動を続けることができるか心配です。

しかし、「奏海」は活動を続けます。元気で活力のある青森市をつくるため、「故きを温ねて新しきを知る」の諺を忘れず、地道に活動を続けます。


お知らせ

オンライン 「青森空襲の跡をたどる集い」参加者募集

従来は、バス見学で実施していました「青森空襲の跡をたどる集い」は、昨年はコロナウイルス感染が危惧されていたので、やむをえず中止しました。今年もコロナ感染が収束しないため、オンラインで実施してみることとしました。何せ、65 …

写真展「懐かしの昭和ねぶたⅢ」開催のお知らせ

奏海展示室は、コロナウイルス蔓延と共に、街中の人通りが途絶えると軌を一にして、来館者も激減となりました。この状況下では、どうにもならないことと考えています。一方青森ねぶたは昨年に続き、今年もコロナウイルス感染拡大が収束し …

「奏海の会」の歌が出来ました

かねてより構想のあった会の歌を、青森市在住の石田正さんに制作していただきました。記して、感謝申し上げます。石田さんは御年96歳、戦前は海軍音楽隊で音楽を学んだ方です。現在も音楽ソフトを使い、制作に勤しんでいます。 このほ …

「青森市昔の地図と風景写真展」開催のお知らせ

開催期間:2021年4月23日(金)〜5月9日(日) 場所:青森市新町 さくら野青森店 6階催事場 入場無料 主催:青森まちかど歴史の庵「奏海」の会 さくら野青森店さんが、ご覧の通り広い会場を提供してくれました。会場いっ …

「酸ヶ湯温泉物語」開催のお知らせ

開催にあたり 青森市の象徴である八甲田山大岳の麓にある酸ヶ湯温泉は、薬効が高く藩政時代から「鹿の湯」とか「酢ヶ湯 」と呼ばれ、親しまれてきました。この酸ヶ湯温泉は、約三百四十年前の貞享元年(1684年)に横内村の狩人、小 …

ブログ

青森テレビ懐かしの映像あれこれ

 奏海の会では、報道各社からの依頼に応じて、青森県に関する各種歴史資料を提供しています。今回は、青森テレビさんがYouTubeに過去の番組を再編集して、閲覧できるようにしているので、それをご紹介します。見返してみると、懐 …

昭和63年の青森市へタイムトリップ

 今から33年前の昭和63(1988)年は、青函博覧会が行なわれた年。先日、その年に青森市内の主だった建物などを撮影した白黒フィルムを高木保さんから譲り受けた。30年以上の時間が経つと、当時はありふれた光景であったものが …

シンポジウム「博物館と市民」実施報告

 2021年5月16日(日)に青森県立図書館を会場に開催された、青森まちかど歴史の庵「奏海」の会主催のシンポジウム「博物館と市民」は、盛況のうちに無事終了しました。戦後、青森県内でこのようなタイトルのシンポジウムが開催さ …

「青森県立郷土館の将来像について」意見募集!

今月はじめの地元紙報道によると、建物の一部について耐震性能が不足していることから、休館していた青森県立郷土館が引き続き来年度も休館となりました。このようなことから、来年度は青森市内に標準形態の公立博物館が開館していないと …

奏海市民講座6 青森高校「三中の松」ってなあに?

今も青森高校正門脇に現存する松の流転の歴史を解明する! 収録:2021年3月3日 解説:室谷洋司(奏海の会副会長) 解説:相馬信吉(奏海の会会長)

アクセス数

  • 140155総訪問者数:
  • 77今日の訪問者数:
  • 2107月別訪問者数:

リンク集

青森空襲を記録する会
青森古写真研究所
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.