主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

温故知新

青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」
庵主 今村 修
青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会
会長 相馬信吉

30数年に亘る青森空襲を記録する会の活動の中で集まった、戦前の絵はがきを活用して2013年1月に「絵葉書でたどる青森市の百年 青森今昔物語」を発行したところ、市民から大きな反響を頂きました。
とくに、1625年(寛永2年)に森山弥七郎が青森を開港して以来、4百年の歴史を積み重ね、明治に入り交通の要衝として急速に発展し、先人たちが東北一の街を目指した青森をつくりあげた歴史を知って頂きたいと思い、集まった空襲以外の青森市の写真、絵葉書、地図、文書、生活用品などの資料展示を計画していたところ、手ごろな場所が見つかり、市民から無償で展示用ガラスケースの提供や費用の提供まで頂き、2013年8月に今後の青森の街づくりに役立つことを願って、「青森まちかど歴史の庵 奏海」の開設をしました。

最初は、明治大火で焼失した青森の建物を「青森実地明細絵図」(明治25年発行)から複写して展示したところ多くの情報が寄せられ、「青森実地明細絵図」の実物が近所で見つかりびっくりしました。
これをきっかけに、写真や絵葉書、切手などいろいろな蒐集活動を行っている人たちが集まり、2014年1月に青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会を立ち上げました。
活動の中心は、これまで「青森古写真研究所」を設置して活動していた相馬信吉氏で、戦後の青森市を撮り続けてきた藤巻健二さんの写真を整理しており、ホームページを開設し、幅広い活動を行っており、毎月一回の定例会を仕切って頂いています。

そして、多くの人達と出会い、資料や蔵書などの寄贈を頂き、「奏海」は活動を続けていますが、課題は「維持管理」と「資料蒐集と調査」のための費用確保です。

青森市が歴史資料館・博物館を設置した場合、全てを寄贈したいと考えていますが、柔軟な発想で活動を続けることができるか心配です。

しかし、「奏海」は活動を続けます。元気で活力のある青森市をつくるため、「故きを温ねて新しきを知る」の諺を忘れず、地道に活動を続けます。


お知らせ

昭和33(1958)年の青森市内地図の公開

  青森市古川にある古書「らせん堂」さんからご寄贈いただいた資料を、青森市オフセット印刷さんのご協力でデジタル化したものを、ネット公開するものです。下記にありますので、お楽しみください。 「昭和33年青森市内地 …

写真展「懐かしの蒸気機関車 樋口慶一遺作展」開催のお知らせ

青森まちかど歴史の庵「奏海」の7月〜9月の企画展は、写真展「懐かしの蒸気機関車」を開催予定です。かつて青森市内を爆走していた蒸気機関車の勇姿を迫力ある写真=60余点でご紹介します。乞うご期待!

企画展「昔の子どもの遊び展」開催のお知らせ

青森まちかど歴史の庵「奏海」の会では春の企画展として「昔の子どもの遊び展」を平成29年4月4日(火)〜6月28日(水)まで開催します。 街なかから子どもたちの声が消えて、街の中に賑わいがなくなり、子どもたちの遊び方も大き …

昔の遊び展

「2016年活動報告」を追加しました

平成29年2月4日、奏海の会総会が開催されたのに伴い、奏海の会活動報告の項に2016年活動報告を追加しましたので、御覧ください。 また、多くの方々から賛助金をいただき、活動資金等に活用させていただきました。感謝申し上げる …

新青森市長へ空襲・戦災資料館等の設置についての要請

                       2017年2月3日 青森市長 小野寺 晃彦 殿 青森空襲を記録する会 会長 今村 修 青森市戦災者遺族会 会長 大坂 昭   空襲・戦災資料館等の設置についての要請 …

ブログ

【伝えたい記憶】第30回 戦争「青森空襲の夜とその後(Sさんの話)」

青森空襲の時、私は昭和4年10月生まれですので16歳、青森電信電報局に勤めておりました。その頃はまだ電話は普及しておらず、金持ちや重要な役所や会社にしか電話はありませんでしたので、一番早い伝達方法は電報でした。電報とは一 …

【伝えたい記憶】第29回 戦争「野内の浜から青森空襲を見た父(三浦真理子)」

私の父、中畑二郎は、兵隊で戦地に赴いていたそうですが、結核を患い出身地の野内村に帰って来ていたそうです。母が言っていましたが、とにかく性格の厳しい人だったので、早く病気を治してともかく戦地に復帰しようと思っていたそうです …

【伝えたい記憶】第28回 戦争「弘前からも見えた青森空襲 木村義照(大正12年生)」

青森空襲の時私は21・2歳だったと思います。弘前の陸軍歩兵隊に居りました。「青森、燃えているぞ」の声で青森方面を見ると、もう青森の空は真っ赤だった。空一面、どす黒いピンク色だったと感じたな。それを見てまず感じた事は、「次 …

【タイムトラベルあおもり】13.青森市を代表する無形民俗文化財「青森のねぶた」

青森県の様々な時代の歴史と文化を次の世代、未来の豊かな県民文化へと引き継ぐべき存在が文化財です。中でも風俗習慣や民俗芸能などの無形民俗文化財は地域の誇りであり、そこに住む人々が守り、そして伝えて行くものだと思います。そし …

【あおもりなつかし写真帖】第20回 下北の小正月風景

県内の農家では近年まで旧暦で正月を行い、一月一日からの大正月、一五日からの小正月、そして二月一日のサントシ(サンショウガツなどともいう)という三回の正月を祝ったものだといいます。この中でも小正月にはもっとも多くの儀礼が行 …

アクセス数

  • 17028総訪問者数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 860月別訪問者数:

奏海の会Twitter

リンク集

青森空襲を記録する会
青森古写真研究所
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.