主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

温故知新

青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」
庵主 今村 修
青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会
会長 相馬信吉

30数年に亘る青森空襲を記録する会の活動の中で集まった、戦前の絵はがきを活用して2013年1月に「絵葉書でたどる青森市の百年 青森今昔物語」を発行したところ、市民から大きな反響を頂きました。
とくに、1625年(寛永2年)に森山弥七郎が青森を開港して以来、4百年の歴史を積み重ね、明治に入り交通の要衝として急速に発展し、先人たちが東北一の街を目指した青森をつくりあげた歴史を知って頂きたいと思い、集まった空襲以外の青森市の写真、絵葉書、地図、文書、生活用品などの資料展示を計画していたところ、手ごろな場所が見つかり、市民から無償で展示用ガラスケースの提供や費用の提供まで頂き、2013年8月に今後の青森の街づくりに役立つことを願って、「青森まちかど歴史の庵 奏海」の開設をしました。

最初は、明治大火で焼失した青森の建物を「青森実地明細絵図」(明治25年発行)から複写して展示したところ多くの情報が寄せられ、「青森実地明細絵図」の実物が近所で見つかりびっくりしました。
これをきっかけに、写真や絵葉書、切手などいろいろな蒐集活動を行っている人たちが集まり、2014年1月に青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会を立ち上げました。
活動の中心は、これまで「青森古写真研究所」を設置して活動していた相馬信吉氏で、戦後の青森市を撮り続けてきた藤巻健二さんの写真を整理しており、ホームページを開設し、幅広い活動を行っており、毎月一回の定例会を仕切って頂いています。

そして、多くの人達と出会い、資料や蔵書などの寄贈を頂き、「奏海」は活動を続けていますが、課題は「維持管理」と「資料蒐集と調査」のための費用確保です。

青森市が歴史資料館・博物館を設置した場合、全てを寄贈したいと考えていますが、柔軟な発想で活動を続けることができるか心配です。

しかし、「奏海」は活動を続けます。元気で活力のある青森市をつくるため、「故きを温ねて新しきを知る」の諺を忘れず、地道に活動を続けます。


お知らせ

写真展「洞爺丸海難事故」開催のお知らせ

開催のごあいさつ 災害は忘れたころにやってくると言われますが、近年の異常天候を見る時、66年前の9月26日夜、台風15号によって本州と北海道を繋ぎ、物流の役割を果たしていた青函連絡船5隻が遭難沈没し、1,430名もの人命 …

青森市議会に対して、市直営の登録博物館設置陳情

2020年8月25日、青森まちかど歴史の庵「奏海」の会は、青森市議会議長長谷川章悦氏に、指定管理者に委託管理させる今のやり方を改め、学芸員をきちんと配した青森市直営の登録博物館を建設するよう、陳情に行ってきました。 学芸 …

陳情の様子

「青森ねぶた絵葉書展」開催のお知らせ

コロナ禍の中、少しだけ状況が落ち着いてきたようですので、小規模に展示を再開することとしました。来場の際は、マスク着用をお願いします。 ・会期:2020年8月5〜30日 ・会館時間:10時~17時 ・休館:毎週月曜日、第2 …

青森ねぶた絵葉書展ポスター

コロナウイルス禍中のテレワーク講座

日本中を襲っているコロナウイルス、この最中、ずっと自宅に引きこもっています。しかし、黙って指をくわえて、感染が収まるのを待っているのも、癪に障るので、テレビ会議をはじめました。 やってみると、思ったより簡単で、面白い。や …

「空襲後の青森学校復興物語」開催中

 コロナ禍の中、展示作業もままならずの状態が続いている関係上、2020年6月末ころまで展示を続ける予定にしています。開館はしておりますのが、予め電話等でお確かめの上、おいでください。 ・時間:10時~17時 ・休み:毎週 …

ブログ

津軽のヤチと南部のヤチは同じ意味

杉山武(アイヌ語地名研究家・八戸市在住)  東北地方北部では、「やち」という言葉を湿地帯について使っている。漢和辞典で「ヤチ」という言葉を調べると、「谷地」ではなく、一字で「萢一ヤチ」と出てくる。そしてそれは国字(こくじ …

青森大空襲の概要

昭和20(1945)年7月28日の青森空襲から75年目の2020年夏。青森市の中心部の殆どを焼失し、1000余名の犠牲者が出た大惨事ながら、青森市民の約4割がそのことを知らないという。 青森空襲の概要をわかりやすく伝える …

青森大空襲

青森県関係デジタルアーカイブリンク集

●青森県史デジタルアーカイブスシステム ●青森県立図書館デジタルアーカイブ ●青森県立郷土館 デジタルミュージアム  ●青森県立郷土館研究紀要 ●氷都・八戸デジタルアーカイブ ●青森震災アーカイブ ●八戸市文化財デジタル …

青森県史及び青森県立図書館のデジタルアーカイブ紹介

 青森県内でもようやく、公的機関が資料のデジタルアーカイブを作り、公開するようになってきました。青森県民にとっても大変喜ばしいことであると共に、公開機関にしても、継続なる資料公開の宣言をしたものと見ることもできます。   …

県史表紙

佐藤仁8ミリ動画資料概要とカンパのお願い

交通研究家の佐藤仁先生が、2020年1月に亡くなられました。享年88歳でした。佐藤先生は高等学校の社会科教師をしながら、その一生を主に鉄道研究に捧げられた方です。遺された資料は、2階建ての自宅にあふれるほどでした。青森ま …

アクセス数

  • 109714総訪問者数:
  • 97今日の訪問者数:
  • 2817月別訪問者数:

リンク集

青森空襲を記録する会
青森古写真研究所
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.