主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

温故知新

青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」
庵主 今村 修
青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会
会長 相馬信吉

30数年に亘る青森空襲を記録する会の活動の中で集まった、戦前の絵はがきを活用して2013年1月に「絵葉書でたどる青森市の百年 青森今昔物語」を発行したところ、市民から大きな反響を頂きました。
とくに、1625年(寛永2年)に森山弥七郎が青森を開港して以来、4百年の歴史を積み重ね、明治に入り交通の要衝として急速に発展し、先人たちが東北一の街を目指した青森をつくりあげた歴史を知って頂きたいと思い、集まった空襲以外の青森市の写真、絵葉書、地図、文書、生活用品などの資料展示を計画していたところ、手ごろな場所が見つかり、市民から無償で展示用ガラスケースの提供や費用の提供まで頂き、2013年8月に今後の青森の街づくりに役立つことを願って、「青森まちかど歴史の庵 奏海」の開設をしました。

最初は、明治大火で焼失した青森の建物を「青森実地明細絵図」(明治25年発行)から複写して展示したところ多くの情報が寄せられ、「青森実地明細絵図」の実物が近所で見つかりびっくりしました。
これをきっかけに、写真や絵葉書、切手などいろいろな蒐集活動を行っている人たちが集まり、2014年1月に青森まちかど歴史の庵「奏海─かなみ─」の会を立ち上げました。
活動の中心は、これまで「青森古写真研究所」を設置して活動していた相馬信吉氏で、戦後の青森市を撮り続けてきた藤巻健二さんの写真を整理しており、ホームページを開設し、幅広い活動を行っており、毎月一回の定例会を仕切って頂いています。

そして、多くの人達と出会い、資料や蔵書などの寄贈を頂き、「奏海」は活動を続けていますが、課題は「維持管理」と「資料蒐集と調査」のための費用確保です。

青森市が歴史資料館・博物館を設置した場合、全てを寄贈したいと考えていますが、柔軟な発想で活動を続けることができるか心配です。

しかし、「奏海」は活動を続けます。元気で活力のある青森市をつくるため、「故きを温ねて新しきを知る」の諺を忘れず、地道に活動を続けます。


お知らせ

シンポジウム「地震にそなえる」開催のお知らせ

プログラム(予定) 1.基調講演「地震の仕組み」川村真一(青森県地学研究会副会長)60分 2.発表 ・「地震と原子力発電所」今村修(奏海の会)20分 ・「十勝沖地震の体験」柿崎孝治(奏海の会)20分 ・「地震時の避難行動 …

「八甲田雪中行軍写真展」開催のお知らせ

  明治35年1月23日、 一泊二日の予定で出発した5連隊の雪中行軍は、悪天候の中で遭難し199名もの犠牲者を出しましたが、 その原因と責任は明らかにされなかった。 一方、弘前隊は同じ道をたどり、青森にたどり着 …

故・中村哲医師写真展

2019年12月4日、アフガニスタンで人道支援活動を続けていた中村哲医師が、凶弾に倒れましたが志は引き継がれ、タリバン政権への交代はありましたが、事業は継続されています。 しかし、温暖化で現地の干ばつは増々ひどくなり、ま …

生誕120周年記念講演会「棟方志功と民藝」開催のお知らせ

生誕120周年記念講演会「棟方志功と民藝」 講師:會田秀明(青森県民藝協会 会長) 2023年10月29日(日)15時~16時30分 会場:青森市松原市民館 プログラム(予定) 1.講演会(1時間) 2.意見交換会(30 …

「オドラデク道路劇場 青森市松原編Vol.2」開催のお知らせ

土地や建物には時の経過とともに人々の想いが染みつき堆積していきます。日常風景の中で踊る舞踏家をとおして、気づかぬまま塗り込んだ自分の記憶を再発見してみませんか。 今回は、青森市松原地区の第2弾です。前回(2022年9月1 …

ブログ

「八甲田山雪中行軍の明・暗ー町の人物伝ー生還の加賀竹松二等卒」藤田友志

(一) はじめに 八甲田山雪中行軍は、二百十名中百九十九名凍死の〝凄惨な大遭難事件”の印象が格別強い。 しかし、それは陸軍歩兵第五連隊(青森)のことである。一人の落伍者もなく生還した歩兵第三十一連隊(弘前) は印象が薄い …

青森市略年表

元号    西暦   月日   出来事明治4年  1871  9月23日  弘前県庁を青森に移し、青森県と改める明治9年  1876  4月28日  歩兵第五連隊を青森に置く明治9年  1876  7月14日  天皇東北 …

青森県関係各種文化地図一覧

Googleマップには、色々便利な機能があります。私が利用しているのは、地図に写真や動画を貼り付けて、多角的に事象を見られる機能です。以下に、これまで作成した各種地図をまとめて紹介します。(作成者:相馬信吉)

「八戸市の文化施設探訪と青森市の現状」室谷洋司

奏海の会研修会「八戸ツアー」(2023年10月30・31日)に参加した。今回のテーマは、「八戸の文化施設を探る」である。1泊旅行はこの研修会では初めてのことで、晩秋ではあったが今年一番の日和であった。このような企画は、や …

「青森ねぶたの審査について」 成田 敏 

はじめに  ねぶたの審査を行うようになった理由 1 青森ねぶた審査の変遷 昭和2(1927) 弘前で懸賞金付きのねぶた審査 昭和11(1936) 市主催の懸賞金付きネブタ奨励会  「ねぶたの部」「仮装の部」 昭和12(1 …

アクセス数

  • 254766総訪問者数:
  • 63今日の訪問者数:
  • 2495月別訪問者数:

リンク集

青森空襲を記録する会
青森古写真研究所
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.