主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

ブログ

あおもり今・昔7ーあおもり文学散歩

 そろそろ街を歩きたい季節となりました。小中学校では地元の歴史や母校の先輩たちについて学ぶ機会もあるようですが、高校では、歴史ある学校でも、なかなか時間が取れず、また、校舎の移転や建て替えによって、史料も残っていない、と …

「ウクライナに平和を!」国際交流のつどい

 2022年4月9日、青森市アウガ5階研修室で、会場一杯の参加者を集めて、標記の集会が行われました。主催者からの案内があり、私も参加しました。参加者の7割くらいは女性で、平和への関心の高さが数字になって表れていました。  …

あおもり今・昔6ー長澤連三郎写真展

 古写真の魅力にとりつかれて、10年以上になります。青森市に関係する写真資料が青森市内だけにあるわけではなく、旅行などで青森市を訪れた人が写し撮った貴重な写真資料が市外から見つかることが時々あります。今回はその事例を、野 …

あおもり今・昔5ー我が生誕地の今昔物語

 私の出生場所が今住んでいる所とは違った、広田神社近くの青森市長島八十三番地であることを知ったのは、昭和28(1953)年のことでした。学制改革により新制高校一年生に入学するために、戸籍抄本を入手した54年前のことです。 …

青森映画劇場(通称・東宝劇場)のこと

 今年は立春を過ぎても積雪149cmという大雪である。更に、これに輪をかけて、新型コロナ禍のため人出が少ない青森市である。このような中にあって、冬季オリンピックが北京で開幕され、その実況中継に釘付けされ、自宅に籠っている …

あおもり今・昔4ー雪国の暮らし

 日本の北に位置する青森市は冬の期間が長く、寒冷な気候は人びとの生活に多くの制約を生じさせました。特に降り積もった雪は人や物資の移動に極めて深刻な影響を与えてきました。  写真1(使用写真は、いずれも写真家藤巻健二さんの …

奏海会員の直近社会活動報告

 数年来のコロナ禍、奏海の活動も制限され、以前と同じようには行かなくなっています。その中でも、地域の学校や企業から資料提供を依頼され、記念展示や地域展示に協力している畠山光吉会員の活動を紹介します。

世良啓「弘前多譚」刊行される

 奏海の会会員には、当会の他にも色々幅広く活動している人が沢山います。その中の一人、藤崎町在住の世良会員が昨年末、上記ポスターにある「弘前多譚」を北方新社より出版しましたので、ご紹介します。タウン誌「月刊弘前」に2011 …

あおもり今・昔3ー青森まちかど歴史の庵「奏海」の会紹介

 年頭に当たり、皆様に青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の会を紹介したいと思います。そもそも奏海展示室ができたのは、平成25(2013)年8月のことでした。当時県都である青森市には、市立の歴史博物館がありませんでした …

2021年黒石散策ツアー資料3

2021年11月27日(土)、奏海の会が発足して初めての、市外散策ツアーを黒石市で実施しました。奏海の会会員9名が参加し、黒石市在住の鈴木・三浦両会員の案内で、雪の降る中をじっくり黒石を探索しました。 以下に、当日配布さ …

1 2 3 17 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.