主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

ブログ

【青森空襲紙芝居作成プロジェクト】第21回 防空壕の熱さと炎

その話を聞いた時私は、「自分は助かって良かった。」と思い、「叔母ちゃんと赤ちゃん達、死んじゃったんだ。」とだけ思いました。でも段々と時間が経つにつれて、「あの汽車で昨日一緒に来た叔母ちゃん達と、もう一緒に帰れないんだ。」 …

【伝えたい記憶】第27回 戦争「青森大空襲の避難者を助けた父(淡谷弘子さんからの聞き取り)」

青森大空襲の時私は6歳だったと思いますが、その時の父のとった行動は今でもよく覚えております。私の家は今の松森町に有りましたが、今と違ってまだ畑や田んぼが周りにいっぱいありましたので、青森中心部の人達が疎開をしに来ている人 …

【伝えたい記憶】第26回 戦争「顔にやけどをした叔母さん 沼田荻野さんからの聞き取り」

親戚の叔母さんの家は堤川河口付近の蜆貝町にあり、一家5人で漁師をしておりました。昭和20年7月28日は青森空襲がある日だと皆知っていたそうですが、家を焼かれても船で沖に逃げたら良いと思い、空襲警報が聞こえても誰も外へ逃げ …

【あおもりなつかし写真帖】第19回 映画「八甲田山」の様子

俳優高倉健さんの代表作の一つに、昭和50年代前半に公開された映画「八甲田山」があり、青森県を舞台にした映画であることは広く県民にも知られています。しかし、その映画のスチールを担当していたのが、青森市在住の写真家藤巻健二さ …

【伝えたい記憶】第25回 戦争「浦町駅長だったおじさんの話(沼田荻野さんからの聞き取り)」

戦争当時伯父さんは浦町駅の駅長をしておりましたので、浦町駅近くの官舎に住んでいたそうです。 昭和20年7月28日は、疎開先から青森に帰って来る乗客が多くて、各駅停車の列車はどの列車も満員状態だったそうですが、夜になってか …

【青森空襲紙芝居作成プロジェクト】第20回 叔母母子の遺体が

夜が明けて明るくなり火が消えたので、叔母さん達が避難した防空壕に来てみたら、中に入って避難した人達皆が亡くなってしまっていたそうだ。その遺体は男なのか女なのか分からず、着ている物も焼けてしまっているので誰なのか分からなか …

「青森東高校三回生 3年1組の思い出」02.校歌(風よ運べ)

東高校に入って直ぐ思った事は、「何故こんなにも熱心に校歌を練習させるのだろう。」だった。私なりに考えて、多分、私達は三回生なので、私達の入学でやっと三学年が揃った事になり、校歌を作曲した間宮先生が理想としていた校歌の合唱 …

【あおもりなつかし写真帖】第18回 戦前の修学旅行記録

昭和20(1945)年7月28日の青森空襲をくぐり抜けた旧家の蔵に収められていた1本の動画フィルム。フランス製で、コマ下の真ん中にフィルムを送る穴が開いた幅9.5㍉の特殊なものです。 その中に、昭和12(1937)年の青 …

【伝えたい記憶】第24回 戦争「同年代の友の死(成田妙子さんの話)」

青森空襲の思い出は、あまり色々あって思い出したくもなく、語りたくありませんが、一つだけお話ししておきましょうか。 私はその頃女学校に通学していたのですが、いよいよ青森も危なくなって来たと言う事で疎開を進められ、母と妹と一 …

【青森空襲紙芝居作成プロジェクト】第19回 祖母は橋桁に避難

叔母さん達が逃げ込んだ莨町の防空壕はもう満員だったので、70才位のお婆さんと一緒に逃げ込んだのですが、お婆さんは自分が入れないと思い、「自分はもう歳だから、この子達だけでも入れて下さい。」と頼んで、自分は堤橋にかかるどれ …

« 1 2 3 10 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.