主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。

ブログ

【伝えたい記憶】第24回 戦争「同年代の友の死(成田妙子さんの話)」

青森空襲の思い出は、あまり色々あって思い出したくもなく、語りたくありませんが、一つだけお話ししておきましょうか。 私はその頃女学校に通学していたのですが、いよいよ青森も危なくなって来たと言う事で疎開を進められ、母と妹と一 …

【青森空襲紙芝居作成プロジェクト】第19回 祖母は橋桁に避難

叔母さん達が逃げ込んだ莨町の防空壕はもう満員だったので、70才位のお婆さんと一緒に逃げ込んだのですが、お婆さんは自分が入れないと思い、「自分はもう歳だから、この子達だけでも入れて下さい。」と頼んで、自分は堤橋にかかるどれ …

4月末八甲田登山へ行った。

4月30日八甲田登山へ行ったが、風が強く断念。周辺を探索した。

「青森東高校三回生 3年1組の思い出」01.屋上からの風景

入学を許されてから、初めに行われたのが学校内の教室の案内からだった。最初、校舎内は迷路のように感じたが、慣れてきたら簡単な配置だった。 まず校舎の形は、上から見ると、南を上にした英語のEの字に似ており、東の事を英語ではイ …

【青森空襲紙芝居作成プロジェクト】第18回 不幸な知らせ

それから何時間か過ぎた頃、莨町に行った父が帰って来ましたので、私は「どうだった?叔母さん元気だった?」と聞くと父はそこで見た光景を話してくれました。そして「叔母さん達は防空壕から逃げ遅れて亡くなった。」と教えてくれました …

【青森空襲紙芝居作成プロジェクト】第17回 父は莨町へ

食べ終わった後、兄は周りの様子を見て来るからと言って一人で出かけて行き、父も「莨町の親戚は大丈夫かな、うまく逃げてくれれば良いのだがな、見て来るから。」と言って出かけて行きましたが、私は又いつ飛行機が飛んでくるかと考えた …

【青森空襲紙芝居作成プロジェクト】第16回 焼跡で朝食を食べる

暫くすると父が帰って来たので、見るとその手にはおにぎりと糠ニシンを乗せたお盆代わりの板を持っていたので、私は「どうしたの?」と父に聞くと、「釜の蓋は焼けたけど、中の米は火事で炊けていたし、樽の周りは燃えたけど、漬物石の下 …

【タイムトラベルあおもり】11.青森市桜川団地の今昔

青森高校を地区内に擁する青森市桜川団地町会では、今年度が町会創立50周年にあたることから、記念誌を発行する計画が持ち上がり、現在、関係資料や古写真などの収集にあたっています。その一環として、4月下旬の桜満開に合わせて、ド …

【あおもりなつかし写真帖】第17回 映画館「歌舞伎座」

「コロナサイダー」と書かれたマッチラベル。この名前は、青森市民には馴染みがありません。歌舞伎座(現モルトン迎賓館)の東側にあった日輪商会が販売していました。「日輪=コロナ」からコロナサイダーと名づけたと思われます。 実は …

【青森空襲紙芝居作成プロジェクト】第15回 防空壕の持ち主に叱られる

父は少し周りが明るくなった頃、家を見て来ると言って一人で出て行きましたが、私と兄は疲れてしまいそこに留まっていると、突然ここの防空壕の持ち主だと言う人が現れて、「お前たちは何をしているんだ、今すぐここを出て行け!」と怒鳴 …

« 1 2 3 4 10 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.