主に青森市の古写真(絵葉書)や地図などを展示している、青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」の公式ホームページです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • あおもりなつかし写真帖

あおもりなつかし写真帖

平成27年4月から平成28年3月まで25回にわたって、東奥日報社の金曜日(毎月第2・4)夕刊に青森まちかど歴史の庵「奏海」の会会員が中心になって、「あおもりなつかし写真帖」と題し連載したものです。

【あおもりなつかし写真帖】第18回 戦前の修学旅行記録

昭和20(1945)年7月28日の青森空襲をくぐり抜けた旧家の蔵に収められていた1本の動画フィルム。フランス製で、コマ下の真ん中にフィルムを送る穴が開いた幅9.5㍉の特殊なものです。 その中に、昭和12(1937)年の青 …

【あおもりなつかし写真帖】第17回 映画館「歌舞伎座」

「コロナサイダー」と書かれたマッチラベル。この名前は、青森市民には馴染みがありません。歌舞伎座(現モルトン迎賓館)の東側にあった日輪商会が販売していました。「日輪=コロナ」からコロナサイダーと名づけたと思われます。 実は …

【あおもりなつかし写真帖】第16回 青森の歌声喫茶「どん底」

最近、昭和30年代中頃に撮影された貴重な古写真を入手しました。青森市柳町にあった歌声喫茶「どん底」の店内を撮ったもの=写真上=です。表情が見えないのが残念ですが、アコーディオンを担ぎ、楽譜を見ながら歌っている男性と女性が …

【あおもりなつかし写真帖】第15回 「青森高のクロマツ」

青森市桜川に広大なキャンパスを誇る青森高校。校門を入ると右側に2本のクロマツが存在感を見せています。向って左側が「三中の松」(写真上)と親しまれ115年前の創立時から青高生を見守っています。 もちろん初めからここにあった …

【あおもりなつかし写真帖】第14回 「若き寺山がいた時代」

上の写真は、昭和28(1953)年に撮影された旧青森駅前の様子です。「帰国者 歓迎」の看板と、駅前に止まる3台の三輪自転車タクシー、別名「輪タク」が目を引きます。「輪タク」は、写真が撮られた頃には、ほとんど姿を消したと言 …

【あおもりなつかし写真帖】第13回 「喫茶店のマッチラベル」

マッチラベル帳が回覧されたのは、5月定例会でした。マッチ箱から女性らしい細やかさで丁寧に剥がされ、60余枚それぞれに思い出が書き添えられています。この中の一枚に、青森市上新町の北谷書店2階にあった喫茶店「ラスキン」のマッ …

【あおもりなつかし写真帖】第12回 「岩木山のお山参詣」

岩木山は青森県最高峰であり、美しい容姿をしているため津軽富士とも称されます。岩木山はまた信仰の山でもあり、毎年行われるお山参詣は秋の津軽地方最大の祭礼です。津軽各地から集落単位の集団で行列をつくり、五穀豊穣や家内安全など …

【あおもりなつかし写真帖】第11回 「大洪水の青森市 今も残る生田勉建築」

この写真は、青森市が大洪水に襲われた昭和44(1969)年8月24日に撮影されたものです。中央に見えるのは、青森市松原にある中央市民センターで、右隅に白く写っている建物は勤労青少年ホームです。 南方移転される前の旧東北本 …

【あおもりなつかし写真帖】第10回 「昭和初期の子ども エンツコに赤ちゃん」

この写真は、昭和4,5年頃に青森市油川で撮影されたものです。写りがしっかりしているところから、専門の写真屋さんなどに頼んだもののように思えます。子供たちの服装からして、一般よりは少し富裕な家庭の子供たちのように見えます。 …

【あおもりなつかし写真帖】第9回 「昭和40年代の青森ねぶた 昼運行も大勢の跳人」(2015年7月31日)

青森ねぶた祭が現在のように全日程合同運行となったのは、昭和43年(1968年)からです。コースも国道・橋本〜古川間から新町へというものでした。また、青森県庁前の歩道に有料観覧席が設置されたのもこの年からです。 上の写真は …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.